少人数結婚式で司会は必要なのか考えてみる

少人数結婚式・家族婚をやることに決まったけど、通常の式とは違うこともあり準備を進めていくと戸惑う方も多いのではないでしょうか?

実は私たちもそうでした。少人数結婚式はだんだんと増えてきてはいるもののまだまだ少数派、情報も限られているんですよね。そんな中でとても悩んだことの一つが「司会をつけるかどうか?」でした。

私たちは、披露宴というよりも会食に近く演出もビデオを流したりケーキカットをしたりするだけで、余興などは一切ありませんでした。司会が無くても何とかなりそう・・・そう思ったりもしましたが、結果的にはプロの司会を頼みました。

何故、お金をかけて司会をつけたのか、結婚式が終わった今だから言える少人数結婚式での司会のことを考えたいと思います。

司会をつけるといくらかかる?

私たちの式場では司会を頼むと一律5万円でした。

初めて聞いた時は、「高っ!」と思いましたが、私たちの式場が特別高い訳ではなく司会者の相場は5~10万円程のようです。(式場で頼んだ場合)式場の専属や提携プロダクションではなく、自分で探して持ち込むと司会料はもっと安く抑えられる場合もありますが、持込み料が発生する可能性もあり一概に安くなるとは言えません。

それにしても5万円ってまだ安い方なんですね、最初は高すぎると思った値段も準備を進めていき結婚式価格に慣れると5万なら仕方ないか…と思ってしまうものです。

でも、いまいちど冷静になって考えてみましょう。5万~10万円のお金を払って司会を頼むほどのメリットがあるのでしょうか?少人数結婚式の場合には誰もが浮かぶこの疑問。

司会を頼むメリット・デメリット

ここでは少人数結婚式で司会を頼む場合のメリット・デメリットを比べて見ましょう。

メリット

  • 進行がスムーズに行われる
  • ある程度の緊張感が生まれ、披露宴や会食にメリハリがでる
  • 新郎新婦の紹介や家族の紹介などをしてくれる
  • ハプニングが起きた時に機転をきかせてくれる
  • タイムスケジュールを管理してくれる

デメリット

  • 司会料5~10万円が発生する
  • 司会者との打ち合わせが発生する
  • 良い司会者に当たらなかった時に不満が出る可能性がある

式場によっては、少人数結婚式の場合にスタッフやプランナーがある程度取り仕切ってくれる場合もあるようです。その場合はまた違ってきますが、私たちが考えた司会を頼むメリット・デメリットはこのようなものです。

司会を式場に頼まない場合、家族・親族に依頼することになる

では式場に司会を頼まなかった場合、披露宴(会食)はどうなるのでしょうか?新郎・新婦が「やります!」と思っていても実際はそんなに簡単なものではありません。

まず新婦ですが当日は慣れないドレスを着ている為動くだけでも一苦労、介添えさんも一緒に動くので現実的ではないでしょう。新郎なら出来るような気がしますが、当日の挨拶に加え司会内容や進行方法を完璧に覚える必要があります。常に時間を気にしながらになるので、料理をゆっくり食べている時間はなくなるかもしれません。

やはり一般的なのが、家族・親族に頼むケースです。

司会のお礼はもちろんする訳ですが、プロに頼むよりは費用を抑えることが出来そうです。しかしながら頼んだ方が司会経験のない全くの素人だった場合、様々な問題が出てきます。

  • 声が通らない
  • セリフをかむ
  • 話がぐだぐだになる
  • 進行を間違える
  • ハプニングが起きた時にその場を切り抜けられない

もちろん上記のことが全て起きるのではなく、あくまで可能性の話です。しかし司会というのは想像以上に難しい仕事であるというのを忘れてはいけません。場慣れしていない素人の方が一朝一夕で簡単に出来るものではないのを理解する必要があります。

実際に私は司会無しの披露宴に出席した時がありますが、上記のようなことが起こっていました。親戚の方に頼まれたようですが、素人が披露宴で司会を滞りなく進行するのは並大抵のことではないと思いましたね・・・。

私たち司会をプロに頼むと決めた理由

私たちは、結婚式費用をなるべく節約したいと思っていたので「司会を頼まない」という選択肢ももちろん考えました。それを伝えるとプランナーさんには猛烈に反対されました(汗)

「どうせ売り上げを上げる為に言ってるんでしょ!?」と最初は思ったのですが、よくよく上記に書いたようなメリット・デメリットを考えてみるとプランナーさんの言っている通り、私たちにはそれは無謀だと言うことが分かって来たのです。

家族・親族に司会をこなせそうな人は見当たりませんし、私たちがやるのも現実的ではありません。むしろ準備や本番での心配を考えたら5万円払ってプロに頼んだ方がお得にすら思えてきました。

そしてプロに司会を頼むことに決めたのです。

実際に披露宴を終えてどうだったか?

司会は30代の女性の司会者に頼むことにしました。式場によると思いますが司会者の性別・年齢・雰囲気などを選べる所もあるので自分たちにあった司会者を選びましょう。

まず、プロの方に司会を頼んで本当に良かったです。

少人数結婚式でも司会を頼むことを私は本気でおすすめします。司会者ってただ進行するだけが仕事ではないんだなぁ~と改めて感じました。そして、司会料5万円というお値段ですが適正価格だとも思います。具体的には、

  • 進行はスケジュール通り滞りなく行われた
  • 新郎新婦の紹介、家族の紹介など満足のいくものだった
  • ケーキ入刀などの演出時には盛り上げてくれ、始終良い雰囲気で行われた
  • 披露宴中は司会者に仕切りを任せられるので安心して過ごすことが出来た

心から司会者の方にはお礼を言いたい気持ちで一杯で、とても満足のいく披露宴になりました。

少人数結婚式でも司会をプロに司会を頼むのがおすすめ!

私は自分たちの式の経験から、少人数結婚式でもプロの司会者に頼むことをおすすめします。

演出や余興が少なくても、やはりプロに任せておくと安心して過ごすことが出来、満足のいく披露宴(会食)になることが多いと思います。むしろ、少人数結婚式だからこそ盛り上げたり雰囲気を良くする為に必要なのではないでしょうか?

確かに、司会料は安い値段ではありませんがお金をかけるだけの価値はあると思いました。

家族・親戚や友人に頼む場合は、必ず司会経験があるかや進行がきちんと出来るかなどを確認してから頼む必要があります。身内に頼むとアットホームな雰囲気になりやすいという良い面もありますので、二人でよく話し合って決めることが大切だと思います。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

平成生まれのアラサー女。 結婚式にかかる費用の高さに腰を抜かしそうになり、1年間かけて節約をモットーに準備をしました。 節約したからといって安っぽくなったり、納得のいかないことはしていません。費用を抑えつつ満足のいく式をあげることに成功。