ヴァンドーム青山で結婚指輪を見てきた、特徴・価格・アフターサービスは?

ヴァンドーム青山 結婚指輪探しレポート

ヴァンドーム青山に結婚指輪を見に行ってきました。

ヴァンドーム青山は、1973年に設立された国内ジュエリーブランドです。ブライダルジュエリーを取り扱うようになったのは1987年とのことで、もう30年近くも歴史があるんですね。

私は以前からこのブランドが好きで、自分でネックレスやリングを購入しいくつか持ってはいたのですが、結婚指輪を見るのは初めてでした。

お店に行くと店員さんが色々と説明してくれます。特にデザインなどが全く決まっていない場合でも心配しなくて大丈夫でした。

ヴァンドーム青山の結婚指輪の選び方

ヴァンドーム青山のマリッジリングには以下の4種類があり、それぞれ特徴があるので自分の好みのデザインが見つかると思います。

  • ストレート
  • ウェーブ
  • V・U字
  • エタニティ

私が気になったのはウェーブのデザイン、指が長く綺麗に見える効果があり女性らしい印象を受けます。エタニティを購入される方の中には、婚約指輪を兼ねて買われる方もいるのだとか。

  • プラチナ950
  • リュクスプラチナ997
  • K18YG
  • K18WG

デザインを決めたら次は素材を決めます。(一部のデザインを除きます)注文を受けてからオーダーで作るからこそ出来ることですね。後で紹介しますが、リュクスプラチナは本当に綺麗で輝きが違います。

  • マット仕上げ
  • カラーダイヤモンド

デザインによっては、マット仕上げやカラーダイヤモンドを選べるものもあります。ご確認ください。

Fleuve /フレーヴ

まず最初に気になったのは、ウェーブのデザインにメレダイヤが並んでいるリングです。指が華奢に見えるので女性に人気の高いデザインですね。

フレーヴは、このリングのカーブがたゆまない二人の人生の流れをイメージしているんだとか!何ともうっとりしてしまうようなリングです。メレダイヤがぎっしりと詰まっていて光に当てると本当にキラキラ輝いて綺麗です。

Women’sとMen’sのペアはこちらです。

男性用も少しウェーブがかっていますが、女性ほど角度がついておらずよく見なければ分からないほどシンプルなデザインです。これならスーツに着けても全然浮かなくて馴染みます。

リュクスプラチナ997 ストレートリング

ウェーブの次はストレートも気になったので、存在感のあるこちらのリングを試着させてもらいました。

プラチナの純度を99.7%まで高めたリュクスプラチナ997の素材で作られたストレートリングです。99.7%と言っても、他の素材も扱う工房で作っているので、プラチナ以外0.3%混じる可能性もあるとのことで99.7%としているそうです。

と言うことは、プラチナはほとんど100%に近いってことですね!やっぱり輝きが違って、995の物よりも綺麗でした。

この位太さがある方が何だか着けていて落ち着く感じもします。一粒ダイヤがシンプルなリングをより引き立ててくれますね。

 

結婚指輪を見に行ったのですが、婚約指輪でとっても素敵な物があって試着させてもらいました~!

ああ~~~、これ本当に素敵です。思わずうっとりしてしまう程キラッキラに輝いていて豪華なエンゲージ。こちらはとても人気のデザインなんだそうです。

ヴァンドーム青山のダイヤモンド

ヴァンドーム青山のダイヤモンドの4Cについて紹介したいと思います。

4Cとは、Carat(カラット) Color(カラー) Clarity(クラリティ) Cut(カット)のことでダイヤモンドのクオリティを評価する方法のことです。いずれもランクやグレードがあります。

<Carat・Color>

<Clarity・Cut>

Clarityとはダイアモンドの透明度のことです。内包物や傷があると光が通るのを邪魔してしまうので、純粋なものが投球が高くなります。

ヴァンドーム青山のダイヤモンドは、上記画像のピンク色に色付けされた所から選ぶことが出来ます。4Cののグレードが高ければ高いほど、ダイヤモンドとしての品質が高いことになりますが、その分価格も上がります。

※画像は「The BRIDAL BOOK」より

ヴァンドーム青山の結婚指輪の特徴・価格

ヴァンドーム青山の結婚指輪の相場は、プラチナリングの場合約9万~12万位でした。(女性の場合)

もちろん石(ダイヤ)が付いているか、プラチナ950か970かでも価格は変わります。中にはダイヤが付いているものでも10万円を切るリング(本体価格)もありましたので、安過ぎず高すぎずという印象を受けます。

上記のリングは女性用で95,000円(本体価格)です。

消費税を入れると10万円は超えてしまいますが、これだけダイヤがついていてこの価格は外資系ジュエリーだったら考えられないですね。

ヴァンドーム青山に行ってみて思ったのは、シンプルなのにどこかデザインに華があるものが多いということです。

ダイヤ付のリングやミル打ちのリングなど、様々なデザインがあり種類も豊富に見えました。共通しているのは基本はシンプルなデザインだいうこと。女性用は付けると指が華奢に見えるものが多く、ありがたい。

これからずっと付けていく上で飽きが来ないというのは重要ではないでしょうか。

アフターサービスはどこまでしてくれるのか聞いてみた

結婚指輪は高い買い物なので気になるのがアフターサービスです。

指輪を見に行くときは絶対にチェックしたいポイントでもあるので、今回も聞いてきました。もしもの時のことはあらかじめ確認しておくと安心ですよね。

ヴァンドーム青山ではブライダル永久保証サービスを行っていて、下記のアフターサービスが受けられます。

  • サイズ直し
  • 石留め直し
  • 枠変形直し
  • 爪立て直し
  • 仕上げ直し
  • 刻印直し
  • クリーニング

各お直しの注意事項は画像をご確認ください。また、購入時には今一度ご自分でご確認をお願いします。

※画像は「The BRIDAL BOOK」より

見ても分かる通り、ヴァンドーム青山の永久保証はかなり手厚いようです。

これだけアフターサービスが揃っていれば、もしもの時も安心です。私の中でアフターサービスの充実は重視したいポイントなので、とてもありがたいです。

国内ブランドを探すならヴァンドーム青山は外せない

ヴァンドーム青山に行ってみて、指輪の試着をするたびにそのデザインの美しさに見惚れてしまいました。

私は手が小さいし、指も長くないのですが写真を見てもなかなかいいな~と自分でも思う位、華奢に見えている気がします(笑)やっぱり国内ブランドなだけあって日本人の指に合うようなデザインが多いなぁと思いました。

海外ブランドの個性たっぷりの指輪も素敵だけど、やっぱり結婚指輪といったらシンプルなデザインに惹かれます。婚約指輪や他の指輪との重ね付けも馴染みますしね。

指輪の種類・デザイン共にかなりの数があり、「まだ指輪を探し始めたばっかり」と言う方や「どんな指輪が合うのか分からない」と言う方は一度お店に行ってみるといいと思います。

国内ブランドを探すなら、他のブランドを比較する上でもヴァンドーム青山は外せないブランドでしょう。

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

平成生まれのアラサー女。 結婚式にかかる費用の高さに腰を抜かしそうになり、1年間かけて節約をモットーに準備をしました。 節約したからといって安っぽくなったり、納得のいかないことはしていません。費用を抑えつつ満足のいく式をあげることに成功。