ベールは式場やサロンで購入しない方がいい?可愛くて安いベールを探そう

ウェディングドレスを着た女の子

ベールは肌に付くものなので、レンタルではなく基本は買取になります

式場でこう言われた時、ちょっとがっかりしました。契約前に聞き忘れて後悔したことの1つです。

ベールを使うのは結婚式の間の約30分だけ、実は出番はめちゃくちゃ短いです。短いけど式場やサロンでブランド物を買おうとすると中々のお値段です。

でも、高くても買取と言われたら買うしかないんじゃないの?と思っている方、ドレスを試着してベールを勧められたその場で即決するのは待ってください!

式場やサロンで高いベールを買わなくても、安くて可愛いものは沢山売っているんです。

実は私も式場では買わずに自分で探して決めたのですが、価格・デザイン共にとっても満足しています。

ベールは種類が豊富!ドレスや身長に合わせて選ぼう

ベールにもデザインが沢山あって、

  • 無地のシンプルなもの
  • パイピングの付いているもの
  • 3段ベール・四段ベール(私が購入したのは4段ベール)
  • レースやビーズなど装飾の付いているもの
  • マリアベール
  • バルーンベール

パッと思いつくだけでこんなにあります。さらに長さも色々な種類があり、ドレスや花嫁さんの身長などに合わせて選ぶことが出来ます。

  • ショートベール
  • ミドルベール
  • ロングベール

ベールの長さは大きく分けるとこの三種類です。

しかし、私の式場の衣装室にはこんなに種類はありませんでした。置いてあるのは全てブランド物だったのですが、ミドルベールのレースの物がメインで後はほんの数種類ずつ。マリアベールやバルーンベールは置いてなかったなぁ・・・。

私はその中でピンと来るものが無く、妥協して高いお金を出すなら自分で探して気に入ったものを購入しようと決めました。

私が購入したのはの4段ショートベール

表参道にあるウェディングショップで購入した4段ショートベールです。

通常ベールは2段ですが、それがこのベールは4段になっていてふわふわ感が倍増です。初めて見た時にこのふわっふわなベールに一目惚れしてしまいすぐに決めました。

値段は1万円ちょっとだったと思います。式場で見たベール達はもうちょっと高かったので少し節約になりました。

ただ、気に入ったベールを満足のいく価格で購入出来たので大満足です。

浅草橋に行けば安くて可愛いベールが沢山売ってます

東京の浅草橋にウェディング小物を扱う問屋さんやお店が沢山あります。

私は和装前撮りで使うボールブーケの材料を買いに行ったのですが、こんなに沢山お店があると知らなかったのでびっくりしました。

ベールも数千円から沢山あり、安く買いたいけど実際に手に取って見て見たいと言う方は、是非一度浅草橋に行って見て下さい。

⇒浅草橋はウエディング小物とDIYの宝庫、各店舗の紹介とまわり方をレポート

ネットで購入することも出来ます

楽天などでベールを探すと本当に沢山の種類が販売されているのが分かります。

しかも安い!本当に安いものが多い!

ブランド物のベールに比べたら質やデザインに差はあるかもしれませんが、価格重視ならおすすめです。

実際に付けてみてから買えないのがネックなので、長さや素材などしっかりと確かめた方が良さそうですね。

ヤフオクやメルカリで探す手もあります

1番お安くベールを手に入れるなら、この方法が1番おすすめです。なんと、数百円〜数千円で手に入れる事が出来ます。

ベールを使うのは前撮りと式の間の30分のみという方が多いので、綺麗なまま出品されているものが沢山ありますよ!

ユーズドでも気にならないと言う方、ヤフオクやメルカリで探すのはどうでしょうか?

お願いすれば実際に使用している所の写真を見せてもらうことも出来るかもしれません。

ベールの究極の節約!手作りに挑戦してみる

ベールを手作り出来ることをご存知でしょうか?

自分で生地を買い、長さを決めて手作りすることも出来ます。生地代と装飾代(ビーズ等)で作れるので究極の節約術とも言えます。

手間と時間を考えたら、安いベールを買ったほうがいいような気もしますが、自分の理想のベールを作れるというメリットがあります。

まとめ

個人的な意見ですが、ぶっちゃけ高いベールも安いベールも素人目には違いが良く分かりません。

そりゃあ近くで見たり触ったりすれば違うんでしょうが、結婚式でゲストの位置や写真で見たら分からない人の方が多いですよ。

節約重視でいくなら、式場やサロンでは購入せずに自分で色々探して見ましょう!沢山の種類の中から選べますし、きっとお気に入りが見つかります。

あと、ベールを買うのはドレスが決まってからがおすすめです。ドレスに合う素敵なベールを選べます。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

平成生まれのアラサー女。 結婚式にかかる費用の高さに腰を抜かしそうになり、1年間かけて節約をモットーに準備をしました。 節約したからといって安っぽくなったり、納得のいかないことはしていません。費用を抑えつつ満足のいく式をあげることに成功。