結婚式節約ナビへようこそ、私が結婚式の節約に目覚めるまで

結婚式

初めまして、「結婚式の節約NAVI」管理人のさちと申します。1990年生まれの都内在住です。

私は小さい頃からずっと結婚式に憧れていました。真っ白なドレスに綺麗な教会、想像するだけで幸せな気分になれました。そんな私なので、プロポーズをされた時なんかは最高潮に浮かれていましたね。

しかし、いざ結婚が決まって式場探しを始めた時に一気に夢から現実に引き戻されたのです。

結婚式は高い、想像以上に高い

結婚式が高いと言うのは何となくは聞いていました。だからそれなりに貯金もしていたんですが、私たちの想像以上の世界がそこにはありました。

た…た…た…高〜〜い!何もかもが高い!

個人的には生花の高さには腰を抜かすかと思いましたよ(汗)だって花だよ・・・、残るものでもないしそれなのに何であんなに高いんだろうと不思議でした。

結婚式に関わるものはほとんど、日本の物価だとは思えないようなびっくりする値段が付いていました。これはいかん、これは本当にいかん。初めて見積もりやプライスリストを手にした時の私達の顔は、間違いなく引きつってましたね。

引きつるどころかたぶん笑ってませんでした、真顔でした。心の中は泣いてました。こんなに色々と高すぎるから、晩婚が進むし少子化なんだろうがーーー!と心の中で叫びました。

式場やプランナーさんの勧めるがままに契約すれば、結婚資金はあっという間に底をつくのが容易に想像できます。せっせと貯めた貯金があっという間に減っていくのは悲しすぎます、それは何としても阻止しなければ。

ここから私達の笑いあり涙あり(?)の怒涛の結婚式準備が始まりました。お金をかける場所と節約する場所をしっかりと決めて、費用を抑えながらも満足のいく式にする。これが私たちの結婚式のテーマであり目標です。

今になって考えると、式以外にも新婚旅行や新居の準備などなにかと出費がかさみましたので、この選択は正しかったと今思っています。

当サイトに込めた思い

私達は結婚式準備の為に約1年かけました。

これだけ時間があれば、焦ることなく何でも思い通りに出来ると思うかもしれませんが、全くそんなことはありませんでした。

むしろ足りなくて焦る位でした。時間があっても、あれもこれもとやりたい事が増えてきて結局時間に追われます。

本当に準備期間の1年は結婚式について沢山勉強し、沢山悩みました。せっかく得た知識と経験をこのまま忘れ去ってしまうのは勿体無いと思い、このサイトを立ち上げたのです。私たちが経験したことや、悩んだことはきっとどなたかのヒントにはなるだろうと思ったからです。

それから、長年憧れていただけあってやっぱり結婚式が大好きなんです。自分の式が終わってもこの幸せな余韻に浸りたくて書いていると言うのも正直・・・あります。

これから結婚式準備を始める方や、準備で悩んでいる方の何かお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

平成生まれのアラサー女。 結婚式にかかる費用の高さに腰を抜かしそうになり、1年間かけて節約をモットーに準備をしました。 節約したからといって安っぽくなったり、納得のいかないことはしていません。費用を抑えつつ満足のいく式をあげることに成功。